お知らせ

七福神のお地蔵様

2017年11月10日

すっかり秋の気配

私は秋が大好きです! 気持ちのいい季節ですよね~

 

10月の書を楽しむ会。今回は趣向を変えて、講師の先生をお呼びしました。

ゆる仏画の賀久留先生!!!

七福神地蔵尊の色紙作品。とってもかわいい七福神(^^♪

先生は丸が描ければすぐ描けますよ~とやさしくおっしゃってくださいますが……難しそう……

丸の書き方、色の濃淡の付け方、かわいい字の書き方など説明していただき、いざ色紙へ……

楽しい♪ 皆さん「どの方を描こうか」など和気あいあいと時間が過ぎていきました。

そして描いた作品をお寺に一枚ずつ寄付していただきました!!!

ありがとうございます。

 

そんな皆さんの作品を本堂入り口に飾らせていただきました。

CIMG0652

 

あれ???五福人???

 

大黒天様と恵比寿様はお留守のようです。

 

皆さんぜひ正授院七福神巡りにいらしてください(^^)/

11月の書を楽しむ会は『写経』です。11月18日(土)14時~

こちらもお待ちいておりま~す。

浜松渡瀬みどり霊園

http://www.midorireien.com

みどり霊園 隠れアイテム

2017年11月09日

先週の3連休の週末は、久しぶりにお天気がよく、清々しい気候でしたね!!

皆さんはお出かけになられたでしょうか?

 

正授院・みどり霊園の一角に『池坊の碑』や『六地蔵』があるのはご存知でしょうか?

池坊といえば、私でも耳にしたことのあるいけ花の流派です。

池坊はもともと頂法寺の一僧房の名前で、頂法寺は京都市中京区にあり、

聖徳太子創建した寺院の一つとされています。

聖徳太子が水浴した池のほとりに六角堂を建て、如意輪(にょいりん)観音を安置し、

香花を供えて供養したことが始まりといわれています。

そんな『池坊の碑』がナゼ正授院に⁉…て実は私もナゼなのかよくわかっていないのですが…

 

もう1つの隠れアイテムは『六地蔵』様のどこかにハート❤が隠れているのです!

見つけられた人は良縁に恵まれるかも⁉

 

この2つの隠れアイテム、お参りの際などにぜひ探してみてくださいね!!

参道の絵馬掛けの後ろです。

IMG_0184

 

浜松渡瀬みどり霊園

http://www.midorireien.com

ハロウィンってお彼岸みたいなもの?

2017年10月31日

今日はハロウィン♪

最近は仮装してお出掛けする方、増えましたね。

 

ハロウィンの由来は諸説あるようですが、そのうちの1つ。

紀元前、古代ケルト人は11月1日は新年、10月31日は大晦日としており、大晦日はこの日はあの世とこの世の境目がなくなる日と言われていたそうです。

え、これってお彼岸じゃないの?

そうですね、同じですねぇ。こうやってあの世を思う気持ちは世界共通!?

おばけ

こんな日はたくさんの悪霊がこの世にきてしまうので、「ワタシも悪霊ですから~」と憑りつかれないように霊の恰好をするようになったとか。

日本ではかわいい仮装が多いですね。

今晩は子供たちのこわかわいい姿を楽しみに帰りたいと思います!

http://www.midorireien.com

 

冬のガーデニング代表!ビオラ

2017年10月25日

10月は雨が多く、肌寒い日が続いています。

もうそろそろ冬支度ですね。

霊園の参道も華やかに衣替えしましたよ。

こんな時期だからこそのビタミンカラー、黄色のビオラを植えました。

全部で70株超え!

 

CIMG0646

 

 

きれいでしょ(笑)

ぜひ霊園にお花見にきてください!

 

http://www.midorireien.com

 

11月12日(日)終活勉強会を開催します

2017年10月19日

雨が続いております。

こんな天気ですとお出掛けが減り、家でパソコンに向かう時間も増えてきますね。

わからない事はスマホやパソコンで調べてスッキリ解決の世の中ですが、「人生のいざという時どうすればいいの?」をスッキリ解決しませんか?

 

題して、『終活勉強会』~お葬儀編~

 

残りの人生を安心して過ごす為にお葬儀や遺言、お墓について勉強します。

VTRを見たり、病院からお葬儀までの流れを予習したり、最後は個別相談も承ります。

ぜひお気軽にご参加ください!

 

日時:11月12日(日) 13:30より

会場:みどり霊園(正授院本堂)

対象:みどり霊園ご利用のみなさま

 

参加費無料、入退室自由です。

申し込みはお電話で!

 

正授院 みどり霊園

℡053-464-5150

http://www.midorireien.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ