お知らせ

浜松の初盆 ⑧お盆中のお墓の花

2022年06月22日

浜松のお盆2022【8】~お盆中のお墓の花 ~

 

お盆中のお花といえば、なにを思いつきますか?

盆棚に飾る赤い身のようなお花、鬼灯(ホオズキ)を思い浮かべる方が多いかと思います。

 

今回はお盆によくお供えするお花「ミソハギ」のご紹介となります。

 

 

 

実はここで働くまで私はミソハギというお花を知りませんでした。

 

お盆中、ご先祖様がお墓から自宅に帰るので、お墓が留守になってしまいます。

その間、お墓を守るためミソハギをお供えします。

お盆の時期になるとお花屋にもミソハギが置かれます。

 

霊園でもお墓用のミソハギを用意しておりますので、ぜひスタッフへお声がけ下さい。

 

 

霊園では他にも「根つき香花」もご用意しております。

「根つき香花」なら暑い夏の時期でも長持ちします。

 

次はお盆供養のご案内になります。

 

関連記事

【浜松の初盆 ①お盆・初盆について】

【浜松の初盆 ②おおまかな流れについて】

【浜松の初盆 ③準備するものについて(盆棚の手配編)】

【浜松の初盆 ④準備について(盆棚の飾り方編)】

【浜松の初盆 ⑤お施餓鬼(おせがき)とは】

【浜松の初盆 ⑥迎え火・送り火について】

このページの先頭へ